美肌ってどんな肌?

美しいお肌を保つことは「キレイ」の絶対条件

女性であるからには美しいお肌を保つことは「キレイ」 の絶対条件ともいえます。 そもそも美肌とは具体的にどのような状態のお肌であることなのか確認してみましょう。

まずは適度な潤いを維持することができているということです。 お肌の健康状態を維持するためには潤いは絶対に欠かすことができません。 しっとりとしたお肌を保っていることは美肌のために必要なことなので、とにかく保湿に注意することが大切です。 また、年齢を重ねると次第に年齢肌特有の悩みが現れ出します。 ハリが失われてしまい、シワやしみ、くすみなどが感じられるようになってしまいます。 これらの状態が見られないように若々しいお肌を維持することも美肌には欠かせません。 若々しいお肌の条件としては、お肌がピンとしていてハリと弾力があることが条件で、透明感の感じられることが大切です。 毛穴の開きや吹き出物、脂っぽい状態などがないようにすることも大切です。

美肌に必要な条件を色々あげてみましたが、美肌の条件を満たすためにはどうしたら良いと思いますか? 基本的には、生活習慣を正すことを一番に考えてください。 規則正しい食生活を心がけるようにして、睡眠不足にならないようにしましょう。 また、適度に運動をすることや、ストレスを溜め込まないようにすることも忘れないでください。 生活習慣が乱れてしまうと体の健康も維持できなくなってしまい、お肌も同様に状態が悪化してしまいます。 生活習慣を整えると共に、お肌の健康維持に欠かすことができない美容成分を基礎化粧品から補うことも大切です。 お肌の健康維持にはとにかく潤いを与えることが必要となります。 特に年齢を重ねるほどに潤いは次第に失われやすい状態になってしまいますので、保湿成分を重点的に補給させることを考えましょう。

是非あなたも美肌のためにできることから実践して、いつまでも年齢を感じさせない若々しいお肌を維持することができるようにしてください。

 

質の良い睡眠を取って美肌になろう!

美肌を維持するために必要なのが睡眠だということをご存知でしょうか? かといって、ただ眠るだけで良いというわけではありません。 肝心なのは「質の良い」睡眠が大切になるわけですが、具体的にどのような睡眠を取るべきなのか確認してみましょう。

睡眠は私達の健康を大きく左右するとても大切な時でもあるのです。 仮に睡眠時間が不足していると体のリズムが狂ってしまい、体調が悪化したりわけもなくイライラして体と心のバランスが崩れてしまいます。 そうなってしまうと当然のことですがお肌の調子も悪くなってしまうのです。 基本的に人間は日中活動をして、夜になって暗くなれば眠るものです。 昼夜逆転の生活が続いたり、夜更かしばかりすることが多くなってしまうことで次第に体やお肌の調子も悪くなってきます。

なぜ夜に睡眠をとるべきなのかというと、成長ホルモンが最も多く分泌する時間帯だからなのです。 昔の人は「寝る子は育つ」ということをよく言っていたものですが、正しくその通りのことだと思って下さい。 成長ホルモンは体を大きく成長させるという役割だけでなく、お肌の新陳代謝を促して潤いを維持するためにも大いに役立つのです。 日中に疲れてしまったお肌の状態を睡眠を取ることで回復させることができるのです。 成長ホルモンが多く分泌される時間帯は夜10時から深夜2時頃と言われています。 つまり、この時間帯に深く眠っていることが良質な睡眠であるといえるのです。 成長ホルモンが多く分泌される時間帯も含めて、最低でも一日6時間は睡眠時間を確保したいものです。

ただ、さすがに夜10時に眠るのは早すぎる…と思う方も多いはず。 忙しい現代人にとってなかなか良質な睡眠を取ることは難しいとも言われています。 なかなか布団に入っても寝付けないという方は早めに消灯をしたり、リラックスできるアロマテラピーや音楽を活用してください。 もちろん、お肌の潤いを保つためのスキンケアを行なってから眠ることも忘れないようにしましょう。